恋愛が長く続かない人!長期間恋人と付き合えない人は、何が悪いのか?

恋人を作ることはさほど難しくないが、すぐに相手と別れてしまう。

「長く相手と付き合うことができない」ことをコンプレックスに思っている人は、少なくありません。でも、どうして相手と長く付き合い続けることができない人、できる人がいるのでしょうか?

今回は、恋愛が長続きする人の傾向を見ながら、「どうしたら長期間の交際を続けることができるのか」を考えていきましょう。

どんなカップルでも、喧嘩や意見の相違、トラブルなどが発生してしまうことは多いもの。たとえば、カップルで喧嘩をしたとします。

こういう時に、その後の対応は2つのタイプに分かれると言われています。前者は「自分の対応が悪かった」「自分の理解不足だった」と考える人、後者は「相手の対応が悪い」「相手がダメだから喧嘩が起きた」と考える人です。

恋愛においては、後者の考え方をする人は恋愛が長続きしにくいと言われているのです。

極端な例を出すと、浮気をしても「あなたが最近かまってくれないから」と、相手のせいにする。「最近、自分ばかり負担が大きいような気がする」と愚痴を言えば、「でも、君に悪いところがあるから仕方がない」と自分を正当化する。こういう態度をとる人です。

こういう人は、恋愛がうまくいっている時にも「自分が気配りのできるイイ女だから」「俺が我慢してやってるから」と、自分のことをよりポジティブに持ち上げる傾向が高いのです。

しかしながら、恋愛においては相手の努力にも配慮しなければいけません。相手だって、努力をしたり我慢をしたり、いろいろ頑張っているはずです。

しかしそれを評価せず、うまくいけば自分のおかげ、ダメなら相手のせいという考え方をしていると、恋愛は長続きしないでしょう。

そんなことは考えたこともない!そんなひどいことしていない!という人も、無意識下で相手に甘えていないでしょうか?それが重たく感じられ、破局を迎えているのかもしれませんよ。

反対に、うまくいっている時には相手のおかげ、うまくいかない時には自分のせいだと考えている人は、恋愛を長続きさせやすい傾向が高いと言えます。

しかしながら、相手がその優しさにつけこむタイプだった場合、共依存になってしまって負のループからなかなか抜け出せないことがありますので、心当たりがある人は注意すべきでしょう。

ちなみに、もうひとつ注意したいのがストレスの発散法です。ストレスを自分の中にため込む、もしくは上手に処理できる人は恋愛が長続きしやすいでしょうが、反対に相手にすぐぶつけてしまう人は、恋愛が長続きしにくいそう。

イライラをヒットにぶつけないように、うまく発散する方法も見つけておきたいですね。

出会えた優良出会い系サイトランキング2016⇒URLはこちら

Leave a Reply